[AWS] API Tools : Macならbrewでインストール

 AWS-CLI Mac Install
2013.05.20

Homebrew便利!
インストールされてなければインストールしましょう。

 

Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!
(↑の”Install Homebrew”にあるコマンドをターミナルで流せばOK)

AWSのAPI Toolsを探してみる

$ brew search ec2
$ brew search elb
$ brew search aws
$ brew search rds

 

インストール

$ brew install aws-as

 

動作チェック

$ as-version

 

昔いれたツールが古く、最新にしたいなら

$ brew update
$ brew list | grep ec2
$ brew upgrade ec2-api-tools

 

コマンドを実行するためには資格証明書(クレデンシャル)や秘密鍵の情報が必要です。
予め環境変数に設定しておくか、コマンドで引数として渡せばいいのですが
Macであれば HOME以下にフォルダを作って pemやらを突っ込んでおきつつ
.bashrcや .zshrcなどにあれこれ定義しておくのが定石でしょうか。

export JAVA_HOME="$(/usr/libexec/java_home)"
export AWS_CREDENTIAL_FILE=$HOME/.aws-credentials?
export AWS_ACCESS_KEY=your_access_key?
export AWS_SECRET_KEY=your_secret_key?
export EC2_PRIVATE_KEY="$(/bin/ls "$HOME"/.ec2/pk-*.pem | /usr/bin/head -1)"
export EC2_CERT="$(/bin/ls "$HOME"/.ec2/cert-*.pem | /usr/bin/head -1)"
export EC2_HOME="/usr/local/Cellar/ec2-api-tools/version?/libexec"
export EC2_URL="https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com"
export EC2_REGION="ap-northeast-1"
export AWS_ELB_HOME="/usr/local/Cellar/elb-tools/version?/libexec"
export AWS_ELB_URL="https://elasticloadbalancing.ap-northeast-1.amazonaws.com"
export AWS_AUTO_SCALING_HOME="/usr/local/Cellar/auto-scaling/version?/libexec"
export AWS_RDS_HOME="/usr/local/Cellar/rds-command-line-tools/version?/libexec"

 

ふつうは東京リージョンを使うので、URLやらREGIONも定義しておくと便利。
複数アカウント切り替えるときは・・どうしておくのがいいんですかね・・