開発事例

株式会社SUPINF

・プロジェクト概要

AWS Lambdaを利用して、サーバレスな 汎用Webクローラを開発しました。

Webサイトを定期的に監視し、その更新を検出・保存し、結果を関係者に通知します。
現在は後述の用途で社内利用していますが、順次お客様環境でも利用し、MSPサービスレベルの向上を図ります。
・Webサイトの不正改ざん自動検出
・Webサイトの定期的な接続テスト、脆弱性検証
・定期的なコンテンツの変更検証

定期的な監視は AWS Lambdaの Scheduled Functionsで起動し、クロールの結果はDynamoDBに保存されます。
結果サマリーは Slackなどのチャットツールを通して関係者に通知されます。

これまでのシンプルすぎる cronサービスとは異なり、IAMでの認可機能など AWSリソースとの相性がいいこと、
実行したい処理に Node.jsなど高次元のプログラミング言語が使え、またその管理のみに責任があることなど
Lambdaを使うことで、これまでよりずっとシンプルで強力なサービスが簡単に作れました。
Lambdaはサーバ管理が不要でインフラを一切気にすることがない点、またコードの実行時間に対して課金される点でも
コスト効率が高く、これまでのアーキテクチャと比べ大幅なコスト削減が見込めます。

  • AWS
  • ・システム構成図